ナルト好きブログ!(NARUTO考察・雑考)

NARUTO-ナルト-の考察(伏線、言葉、人物考察などなど!)続行中!

NARUTO-ナルト-流「侘び寂びの美学」・・完璧を求めず《仲間を忘れるな》

サムライ8の35話《侘び寂び》を読んで、(そうか・・NARUTOも侘び寂びだなぁ~・・)なんて思ったりしてました。 

  

「この世のどこにも完璧なものなどない」

「崩れや歪みから重さや引力が生まれ あらゆるものを結びつけている それこそが“美しい”本来あるべき姿なのだ」

 

・・これがサムライ8に登場する武神・不動明王の「侘び寂びという美の概念」。 

 

そしてNARUTOでは・・

 

 

「何であれ一つとして一つで完璧なんてものは無いのかもしれない

 だからこそ補うモノが引き寄せられるように生まれ・・

 側で対を成して初めて少しでも良い方向へ近づけるのだと思う」

 

  「オレを完璧だったなんて言ってくれるな」 

 「オレを見てオレになかったものをお前には探してほしい」

 

・・これは587話イタチの言葉。

 

   これぞNARUTO流侘び寂びの美学・・というより「岸本先生の美学」でもあるのかな?

 

 

 でも、ナルトが「完璧じゃなくていいんだ」と気付いたのは、意外と終わりのほうだったんですよね。 58巻、穢土転生で復活させられたイタチと再会して、そこでイタチに忠告されて やっと気付いたのだった。

 

《“火影になった者”が皆から認められるんじゃない》

《“皆から認められた者”が火影になるんだ》

《仲間を忘れるな》・・と。

 

 さらにイタチは「自分自身が何でも一人で全部やろうとして失敗した」経験から、こうも伝えるのです・・《力をつけた今 他人の存在を忘れ驕り“個”に執着すれば いずれ・・ マダラの様になっていくぞ》《どんなに強くなろうとも全てを一人で背負おうとするな・・ そうすれば必ず失敗する》と。

 

 《“火影になった者”が皆から認められるんじゃない》、《“皆から認められた者”が火影になるんだ》・・・これは「NARUTO-ナルト-の中の名言中の名言」の1つですよね。そしてナルトの「忍人生」を大きく変えた言葉とも言えましょうか。 

 もし、ここでイタチにこの言葉をもらわなかったら・・ナルトは「一人の道」に進んでしまって 物語は“違うエンディング”を迎えてしまったかもしれないのです。

 

(イタチに指摘されたナルトは・・・その少し前にイルカ先生に言われた言葉を思い返します)

 

「お前ばかりが全部背負いこむ事はないんだ」・・というね。

  

で・・それはどういう状況だったかと言いますと・・

 

 戦争が始まってから、ナルトは開戦を知らされないまま 島亀に閉じ込められていたんですよね。 それは「人柱力であるナルトを守る為」だったのですが、その事実を知ったナルトは慌てて飛び出して行こうとする。 そこで「ナルトを止めるための切り札」として投入されたイルカ先生が説得を試みるのですが・・ナルトは「この戦争は全部オレ一人でケリをつける!!憎しみも痛みも全部オレがまとめて引き受ける!!オレの役目だ!!」と言って聞く耳を持たなかった。

 

 そして「オレを一番最初に認めてくれた先生が何でオレを信じてくれねーんだ」とイルカ先生に言うんです。そして、

 

「オレってばもう昔と違う・・強くなった」とね。

 

 たしかにナルトは強くなって、ペインからも里を一人で守って・・ やっと皆から信頼してもらえるようになった。 だから、もっと一人で頑張って引き受けなくっちゃって焦っていたんですね。 まだ《皆に信じてもらってる自分》というものに自信が無かったんじゃないのかな・・? 

 それに、ナルトにとってのイルカ先生は「一番最初に認めてくれた人」。 そして「落ちこぼれで弱かった頃をよく知ってる人」でもあります。 

 だから、あんな事を言ったんですね・・・ なぜオレを子ども扱いするんだ、「何で信じてくれねーんだ」と・・そして「もう昔とは違う・・強くなった!」ってね。

 

 結局イルカはナルトを止められず、ナルトは戦場に向かっていきます。 その途中で 穢土転生で復活したイタチに出会い、ナルトは《本末転倒な発想になっていたこと》に気付かされるのです。 

 ナルトは いつの間にか《“火影になった者”が皆から認められる》式発想になっていたんですね。

 

 しかし、その「本末転倒な発想」は なにも この頃から始まったわけではなくて、起源を ず―――っと辿っていくと、第1話まで遡ります。 

 

・・そもそもナルトが《火影になる》夢を公言したのは、物語開始早々の第1話。

 

(火影岩にいたずら書きして怒られて、掃除させられたその帰り・・イルカ先生がラーメンをおごってくれるのです。 この時ナルトは本当に嬉しそうな顔をしてるんですよね、ニコニコと顔を輝かせて)

 

 そこで、なぜ火影岩にイタズラなんかしたのかとイルカに尋ねられると、ナルトはシュビっと箸を突き出して、力強くこう宣言するのです。

 

「このオレはいずれ火影の名を受け継いで

 

「んでよ!先代のどの火影をも超えてやるんだ!!!」

 

「でさでさ 里にオレの力を認めさせてやんだよ!!」

 

・・・はい、ここです。 すでに「本末転倒」になっておりますよね、《“火影になった者”が皆から認められる》式発想です。

 

で、コレを聞いたイルカ先生の反応は こんな感じでした・・

 

 

f:id:papikonohanogenin:20200202105425j:plain

かたまってる・・・

 

 

 ラーメンを頬張って、すすりこもうとする寸前で止まっちゃって、お口から麺が一本飛び出してる・・

 

 本来ならこういう場面、ニコニコして「頑張れよ!」と応援するとか、逆に「無理に決まってるだろ!」と笑い飛ばすとか・・ だけど、イルカの反応はどちらでもなくて《ゾクっとするような表情》なのです。 そりゃそうですよね・・ナルトのこの「火影宣言」は、あまりにも「闇」が深すぎた。 少年漫画の主人公が、第1話でいきなりコレ・・  そしてイルカは「自分の子供時代」をナルトに重ね、ナルトの孤独、心の傷の深さを思い知らされるのです。  

 

 だから・・イルカが一番よーーーーく分かっているんですよね、ナルトの発想が「最初っから本末転倒になっていた」ことを。 そしてそうなっちゃった原因が「孤独」にあることも・・
 

 

それで、そのあと・・イルカは例の「あの言葉」をナルトに伝えてあげるのです。

 

「今はもうバケ狐じゃない あいつは木ノ葉隠れの里の・・うずまきナルトだ」

 

 これまた「名言中の名言」・・・ナルトの「人生に大きな転機を与えた言葉」ですね。

 

 こうして、ナルトの「出発点からズレていた火影への道」は、イルカの言葉のおかげで軌道修正され、ナルトは「皆と一緒に歩く道」へと向かっていったのです。 だけど、いつの間にか またズレ始めていた・・・ 根っこに《まだ皆に信頼してもらっていないのかも》《失敗したら失望されて また孤独になってしまうかも》という不安があって、それを打ち消すように《オレは昔と違って強いんだ!》と自分に言い聞かせているようだった・・。

 

 一人で全てを背負って「オレが」と言い張るナルトに、イルカは「ナルトの心に今も残る孤独の闇と不安」を察したのでしょうか。 イルカが「お前ばかりが全部背負いこむ事はないんだ」と伝えたのは・・・

  

《オレってばもう昔と違う・・強くなったと言うナルトに、

《お前は昔と違う・・・もう一人じゃないと伝えたかったのだと思います。

 

 昔と違って「強くなった」だけじゃない・・もう「一人じゃない」んだと。 そして、こっちのほうこそ大切なことなのだと・・・

 

 

 イタチに指摘された後、ナルトはイルカのあの言葉を思い返しています。「確かに・・オレが何とかしなきゃダメなんだって・・ 思い込みすぎてたかもしんねェ」と。

 それ以降、ナルトはしっかり「皆と一緒に」の道を歩いていきます。 皆を守って皆に守ってもらって・・足りないところは仲間に任せて、信じて信じてもらって。 皆と一緒に歩く道に戻ることが出来たのです。

 

 《自分ばかりで全部背負い込む事はないんだ・・“皆から認められた者”が火影になるんだ・・仲間を忘れるな》・・・

 

そして、物語の結びには こう書かれる事になるのです。

 

《忍の童 忍の者と成り 妖狐と忍の輩 一丸となりて これを封印せしめる》

 

一丸となりて・・・皆と一緒に。 これ(十尾)を封印せしめる・・・ 十尾は未解決(封印=とりあえずの仮解決)。 

 仲間を忘れず、無理して完璧を求めず、足りないところは補ってもらう・・・それこそNARUTO流・侘び寂びの美学》。 マダラが目指した《完璧な美》ではなく、《不完全なものに在る侘び寂びの美》・・・

 

 でも、もしあの時ナルトがイルカにあの言葉をもらえてなかったら・・そしてイタチに出会わなかったら・・  ナルトの物語は「侘び寂びの美学」とは かけ離れた 全く違う美学の物語になっていたハズなのです。

 

 

(あの時、イタチに出会っておいてよかったよ・・ホント;)

 

 

 

 

☆長駄文、読んでくださって感謝。

 

 

 

 

☆サムライ8八丸伝感想・考察ブログ!もよろしくね(毎週月曜更新中)

samurai8hachimaru.hatenablog.com

 

 

 

(ナルト好きブログ! 2020/02/14)

 

 

 

 

 

今年もよろしくお願いします(ナルト好きブログ!)・・「子」年の話、そしてなぜか火遁鳳仙花の術の話

新年明けましておめでとうございます

 

 昨年あたりから年賀状というものを殆ど出さなくなり、SNSで済ますようになってしまいました・・  時は確実に流れとる;そして毎年時間の流れが加速しとる!!!

 

f:id:papikonohanogenin:20191230205818j:plain

ところで、この印は・・・

 

 いきなりですが・・これは『子』の印。 ねずみ年って事で、NARUTOでネズミ関連あったっけ?と思いつかず、苦肉の策的に出してみたのがコレ('・_・`)    

 

 それだけってのもナンなので『子の印から始まる術』を探して、見つけたのが『火遁・鳳仙花(ホウセンカ)の術』。  

 この術の印は《子、寅、戌、丑、卯、寅》の順で結びます(火の性質変化をお持ちの方は是非)。あとはお腹から息を吐き出すようにして、炎の中に手裏剣を忍ばせればOK・・?

 

f:id:papikonohanogenin:20191230211011j:plain

イタチの火遁・鳳仙花爪紅

 

 この術、かなり好きな術でして・・名前も見た目も美しく、威力的にも素晴らしい。 触ると弾ける「ホウセンカの実」のように、吐き出された炎が四方八方に乱れ飛び敵を襲撃。 しかも、炎の中には手裏剣が潜んでいる・・

 花びらの代わりに炎、タネの代わりに手裏剣。

美しい花には棘ならぬ手裏剣が潜む・・ なかなか恐ろしい術でもあるんですね。

 

  この「鳳仙花の術」、サスケが中忍試験 (死の森)の時に使っていまして、まだ駆け出し忍者だってのに こんな凄い術を使いこなせるのかと驚いた。。  二度目に使った時(呪印状態でザク・アブミに使ってる)にはさらに威力が高まっていて、術名は「火遁・鳳仙火の術」と「火」の字になってるんですよね(ちなみにデータブック臨の書では「火」になっている)、ただしイタチが使った「鳳仙花爪紅」。 ん~・・どっちでもいいのかなぁ。

 

 (そして、サスケが使った鳳仙花の術はCランクなのに対し、イタチが使った鳳仙花爪紅はBランク。少し上のランクになっている)

  

  たしかに、絵としてみた時にはイタチが使った『鳳仙花 爪紅』のほうが、さらに美しく洗練されている感じといいましょうか・・  手裏剣が纏う火の華が 花びらみたいに美しくて・・手裏剣を ふんわり包むように纏わりついているんですね。最初に見た時、なんて美しい術なんだろうと見惚れてしまった・・

 

 それと サスケの鳳仙花とイタチの爪紅で違うのは、その「音」なんですよね。  サスケの鳳仙花は《ゴウ・・》と強く思いっきり吐き出す。 やや下向きになって、火遁・豪火球のように 腹の底から力を入れてドっと吹き出す感じ。 火の勢いも強くてスピード感もあって、美しいというよりも「襲いかかる」攻撃感が強い。 鳳仙花よりは「鳳仙火」のほうがふさわしいかな(だからデータブックでは「火」になってるのかも)。

 

でもイタチの鳳仙花爪紅の音は《フッ・・》なんです。  ふわっと柔らかい。  

 

 絵を見ても、高く舞い上がったイタチが空中にふわ〜っと花びらを舞わせ、網をかけるように 相手を炎の手裏剣で包み込む。

 

 陣の書の説明によれば《多数の手裏剣に炎をまとわせて相手を囲むように投げつける。手裏剣が拡散してしまわないように、至近距離から使用する》とありまして、さらに《相手は一瞬視界を奪われ撹乱効果も備えている》とも。 攻撃というよりも、攪乱なんですね。

 炎で視界を奪われるというか、その美しさにも一瞬目を奪われてしまいそうな・・  これほど「美しく」魅せる術、そこにまで磨く「術者レベルの高さ」を見せつける術。  美しき威嚇・・でもあるのかな。

 

 ちなみに、この術の名前の由来である鳳仙花ですが、その花びらが鳳凰が羽を広げたように見え、また 中国の伝説に出てくる仙人の壺にも似ているから「鳳仙花」と言うらしい(きっと諸説あります)。  ずいぶん美しく高貴な名前を持った花だったんですねぇ・・ 

   それに「爪紅」とは鳳仙花の別名で、その昔 紅い鳳仙花で爪を紅く染めた事に由来するのだとか。   花びらで爪をほんのり紅く染めるなんて、なんと奥ゆかしい。。

 

f:id:papikonohanogenin:20191230205922j:plain

鳳仙花の花。こんな感じ・・

 

そして、鳳仙花の花言葉「私に触れないで」

 

 軽〜く触れただけでパシーンと種が弾けちゃうかららしいのですが、そっか・・ちょっとした刺激もダメなんですね。   

 

「触れないで」そしてイタチといえば・・どーしても 思い出しちゃうのが、鬼鮫さんがイタチに言った「お体に触りますよ」。  いや、だから触らないでってば!(意味が違う・・のは分かってるってばよ)    

 でも、なんとなく イタチも「オレに触れるな」的な空気を醸し出してましたよね。 鬼鮫さんはその辺り  絶妙に上手く距離を取っていた感じがするんですけどね・・

 

  そっと触れただけで、種が散ってしまう・・  それは とても繊細とも言えるんだけど・・それだけ生命の拡散力がある、強い生命力を持つと言うことでもある。  鳳仙花、「私に触れないで」なんて言いながら、逞しく強い花でもあるんですね。  なんだかイタチにふさわしい花というか、「鳳仙花爪紅」はイタチに似合う術でもあるんだな・・なんて思ったりで。 火遁、そして手裏剣はイタチの得意とするところでもありますから。

 

・・・と、ねずみ年から子の印、そこから火遁・鳳仙花の術、さらにイタチの話に広がってしまいましたが、このままだと「火遁について」とか続いちゃいそうなんで;それはまた今度ということで・・

本年も雑談・雑考記事にお付き合いいただけたら嬉しいです。 

 

では・・ 

 

今年がみなさまにとって良い一年となりますように!

 

 

 2020年1月1日

 

 

ナルト好きブログ! ぱぴ

 

 

☆どうでもいいですが、自分の性質変化は「雷」だろうとひそかに思っております;なぜなら、とにかく静電気が酷すぎる!特に冬場はバチバチ、悲鳴を上げるぐらい痛い!コレ千鳥だろ??と思うぐらい凄い音がする(笑)