ナルト好きブログ!(NARUTO考察・雑考)

NARUTO-ナルト-の考察(伏線、言葉、人物考察などなど!)続行中!

今年もよろしくお願いします(ナルト好きブログ!)・・「子」年の話、そしてなぜか火遁鳳仙花の術の話

新年明けましておめでとうございます

 

 昨年あたりから年賀状というものを殆ど出さなくなり、SNSで済ますようになってしまいました・・  時は確実に流れとる;そして毎年時間の流れが加速しとる!!!

 

f:id:papikonohanogenin:20191230205818j:plain

ところで、この印は・・・

 

 いきなりですが・・これは『子』の印。 ねずみ年って事で、NARUTOでネズミ関連あったっけ?と思いつかず、苦肉の策的に出してみたのがコレ('・_・`)    

 

 それだけってのもナンなので『子の印から始まる術』を探して、見つけたのが『火遁・鳳仙花(ホウセンカ)の術』。  

 この術の印は《子、寅、戌、丑、卯、寅》の順で結びます(火の性質変化をお持ちの方は是非)。あとはお腹から息を吐き出すようにして、炎の中に手裏剣を忍ばせればOK・・?

 

f:id:papikonohanogenin:20191230211011j:plain

イタチの火遁・鳳仙花爪紅

 

 この術、かなり好きな術でして・・名前も見た目も美しく、威力的にも素晴らしい。 触ると弾ける「ホウセンカの実」のように、吐き出された炎が四方八方に乱れ飛び敵を襲撃。 しかも、炎の中には手裏剣が潜んでいる・・

 花びらの代わりに炎、タネの代わりに手裏剣。

美しい花には棘ならぬ手裏剣が潜む・・ なかなか恐ろしい術でもあるんですね。

 

  この「鳳仙花の術」、サスケが中忍試験 (死の森)の時に使っていまして、まだ駆け出し忍者だってのに こんな凄い術を使いこなせるのかと驚いた。。  二度目に使った時(呪印状態でザク・アブミに使ってる)にはさらに威力が高まっていて、術名は「火遁・鳳仙火の術」と「火」の字になってるんですよね(ちなみにデータブック臨の書では「火」になっている)、ただしイタチが使った「鳳仙花爪紅」。 ん~・・どっちでもいいのかなぁ。

 

 (そして、サスケが使った鳳仙花の術はCランクなのに対し、イタチが使った鳳仙花爪紅はBランク。少し上のランクになっている)

  

  たしかに、絵としてみた時にはイタチが使った『鳳仙花 爪紅』のほうが、さらに美しく洗練されている感じといいましょうか・・  手裏剣が纏う火の華が 花びらみたいに美しくて・・手裏剣を ふんわり包むように纏わりついているんですね。最初に見た時、なんて美しい術なんだろうと見惚れてしまった・・

 

 それと サスケの鳳仙花とイタチの爪紅で違うのは、その「音」なんですよね。  サスケの鳳仙花は《ゴウ・・》と強く思いっきり吐き出す。 やや下向きになって、火遁・豪火球のように 腹の底から力を入れてドっと吹き出す感じ。 火の勢いも強くてスピード感もあって、美しいというよりも「襲いかかる」攻撃感が強い。 鳳仙花よりは「鳳仙火」のほうがふさわしいかな(だからデータブックでは「火」になってるのかも)。

 

でもイタチの鳳仙花爪紅の音は《フッ・・》なんです。  ふわっと柔らかい。  

 

 絵を見ても、高く舞い上がったイタチが空中にふわ〜っと花びらを舞わせ、網をかけるように 相手を炎の手裏剣で包み込む。

 

 陣の書の説明によれば《多数の手裏剣に炎をまとわせて相手を囲むように投げつける。手裏剣が拡散してしまわないように、至近距離から使用する》とありまして、さらに《相手は一瞬視界を奪われ撹乱効果も備えている》とも。 攻撃というよりも、攪乱なんですね。

 炎で視界を奪われるというか、その美しさにも一瞬目を奪われてしまいそうな・・  これほど「美しく」魅せる術、そこにまで磨く「術者レベルの高さ」を見せつける術。  美しき威嚇・・でもあるのかな。

 

 ちなみに、この術の名前の由来である鳳仙花ですが、その花びらが鳳凰が羽を広げたように見え、また 中国の伝説に出てくる仙人の壺にも似ているから「鳳仙花」と言うらしい(きっと諸説あります)。  ずいぶん美しく高貴な名前を持った花だったんですねぇ・・ 

   それに「爪紅」とは鳳仙花の別名で、その昔 紅い鳳仙花で爪を紅く染めた事に由来するのだとか。   花びらで爪をほんのり紅く染めるなんて、なんと奥ゆかしい。。

 

f:id:papikonohanogenin:20191230205922j:plain

鳳仙花の花。こんな感じ・・

 

そして、鳳仙花の花言葉「私に触れないで」

 

 軽〜く触れただけでパシーンと種が弾けちゃうかららしいのですが、そっか・・ちょっとした刺激もダメなんですね。   

 

「触れないで」そしてイタチといえば・・どーしても 思い出しちゃうのが、鬼鮫さんがイタチに言った「お体に触りますよ」。  いや、だから触らないでってば!(意味が違う・・のは分かってるってばよ)    

 でも、なんとなく イタチも「オレに触れるな」的な空気を醸し出してましたよね。 鬼鮫さんはその辺り  絶妙に上手く距離を取っていた感じがするんですけどね・・

 

  そっと触れただけで、種が散ってしまう・・  それは とても繊細とも言えるんだけど・・それだけ生命の拡散力がある、強い生命力を持つと言うことでもある。  鳳仙花、「私に触れないで」なんて言いながら、逞しく強い花でもあるんですね。  なんだかイタチにふさわしい花というか、「鳳仙花爪紅」はイタチに似合う術でもあるんだな・・なんて思ったりで。 火遁、そして手裏剣はイタチの得意とするところでもありますから。

 

・・・と、ねずみ年から子の印、そこから火遁・鳳仙花の術、さらにイタチの話に広がってしまいましたが、このままだと「火遁について」とか続いちゃいそうなんで;それはまた今度ということで・・

本年も雑談・雑考記事にお付き合いいただけたら嬉しいです。 

 

では・・ 

 

今年がみなさまにとって良い一年となりますように!

 

 

 2020年1月1日

 

 

ナルト好きブログ! ぱぴ

 

 

☆どうでもいいですが、自分の性質変化は「雷」だろうとひそかに思っております;なぜなら、とにかく静電気が酷すぎる!特に冬場はバチバチ、悲鳴を上げるぐらい痛い!コレ千鳥だろ??と思うぐらい凄い音がする(笑)